今回は短い帰国でしたが、久しぶりに日本で年末年始を過ごしました。

子どもたちと日本に帰国したらすることをずっと考えていましたが、実際にできたことを書いてみたいと思います。

家族で初もうでに

子どもが生まれてからお正月を日本で過ごすのは今回が初めて。

子どもたちは、日本では大晦日にお蕎麦を食べたり、初もうでに行くことは知っていますが、実際に体験したのは初めてでした。

いとこたちと夜遅くまで起きていて、0時に実家近くの神社に一緒にお参りにいきました。

みんなでおみくじを引いたら娘は大吉を引きました。

今年はドイツでいいことがありそう!と喜んでいました。

息子はKAMOでサッカーシューズを購入

息子は以前から気になっていたサッカーシューズを買いに原宿のKAMOに行ってきました。

実際に履いてみてから買いたいということで、初売りセール中のKAMOへ。

息子は欲しかったサッカーシューズをお年玉で購入しました。

娘の買い物のために近くの竹下通りに行きましたが、お正月中のせいで今までにないほどの混雑。

今度行くときは平日の人が少ない時間帯に行きたいと思います。

サランラップケースと食材の購入

探していいたサランラップケースは東急ハンズで見つけることができました。

値段は中身がついて1781円、税込みで1923円。

蓋を閉めることでラップを切ることができ、ケースの底にはマグネットが付いているため冷蔵庫に直接貼り付けることができます → ラップカッター節約名人

他には茅乃舎の出汁。

30袋入りで1944円(税込み)。5袋入りで386円(税込み)

随分前に友達から紹介してもらってから愛用していますし、友達へのお土産としても買ったりしています。

ドイツでもこの出汁を使って汁ものを作るととても美味しいので子どもたちも喜んでくれます → 茅乃舎

家族で温泉施設へ

今のドイツのアパートには湯船がないので毎日シャワーです。

寒いドイツに住んでいると、時々お風呂につかってゆっくりしたいなあと思っていました。

子どもたちもお風呂に入りたいとずっと言っていたこともあって、温泉地まで行く時間はなかったので、実家近くの温泉施設に行くことにしました。

久しぶりに大きな湯船につかれて疲れがとれました。