もう、5月も中旬に差し掛かっていますので、夏休みももうすぐです。

ドイツでの中学生の息子と小学生の娘の夏休みは、日本と同じように7月中旬から始まります。

でも、この夏休みの日程は、年によって州ごとに毎年違うそうです。

私たちが住むノルトライン・ヴェストファーレン州の今年の夏休みは7月16日~8月28日ですが、

去年息子が住んでいたバーデン・ヴュルテンベルグ州の今年の夏休みは7月26日~9月8日ですし、

フランクフルト空港があるヘッセン州の今年の夏休みは6月25日~8月3日です。

また、子供向けのインターナショナルサマーキャンプが盛んであるベルリンの夏休みは7月5日~8月17日になっています。

この州ごとに夏休みの時期をずらしているのは、渋滞などを避けるためらしく、なんていいアイデアだろうと思いました。

夏休みの時期をずらすだけで、渋滞が少しでも解消されるなら、日本で取り入れてもいいのではないかなと思いますが、そう簡単にはいかないのでしょうね。

ドイツのサマーキャンプは豊富です!早めに計画を立てよう!

夏休みの時期が州ごとに変わってくるので、その州で行われるサッカーキャンプや語学キャンプの時期も少しずつ変わります。

例えば、ノルトライン・ヴェストファーレン州のサッカーキャンプは7月初旬からではなく、中旬以降になっていますし、別の州で参加しようと思っても、7月初旬のものが多かったり、逆に後半のものばかりだったりという感じです。

息子が去年参加していた、通年で行っているサッカーキャンプのように、常時参加できるものもあります。

語学キャンプも盛んで、英語、フランス語、ドイツ語の子供向けサマーキャンプもあります。

息子はサッカーキャンプを通じて、ドイツ語、英語の練習ができるので、サマーキャンプは本当にいいと思います。

娘はサッカーをしないので、別のサマーキャンプに参加させようと思っています。

娘のドイツ人の同級生などは、英語のサマーキャンプに興味があると思いますが、娘にはドイツ語のサマーキャンプに入れさせたいです。

語学のキャンプといっても、子供相手に1日中勉強するのではなく、午前中は勉強、午後はいろいろなアクティビティを準備しているようです。

例えば、サッカーだったり、テニスだったり、アスレチックに行ったり、近くの街に観光に行ったりするようです。

どのキャンプでも、4人から6人で1部屋で寝ますから、娘は1人で参加するのは少し抵抗があるみたいです。

やっぱり、こういうのは、子供の性格によって違いますね。

小さくても、平気で合宿所のようなところで、1人で寝泊まりできる子もいれば、高校生でも、抵抗がある人はいます。

私は、内気な性格だったので、娘が抵抗するのはよくわかります。

でも、無理しない程度で、少しずつでも、人にもまれて、大胆になったほうが、得することはたくさんあると思っています。

特にドイツは、自己主張する子の方が評価が高いそうですから。

ドイツでの夏休みはインターナショナルスクールの短期留学に参加します!

2018年6月13日

ドイツのサッカー短期留学では英語で行われるサッカーキャンプもあるんです!その費用とは?!

2018年4月23日

ドイツの夏休みサッカー短期留学に参加するなら、今から予約したほうがいいです!

2018年4月21日