ドイツの後期のサッカーシーズンは、5、6月で終了します。

これはプロもアマチュアもユースも、どれも同じスケジュールになっています。

息子の所属するチームも、もう少しで公式試合が全て終わり、ここで上位のチームは上のリーグに昇格し、下位の地チームは下のリーグに降格します。

ドイツの子供のリーグ

ドイツではU18がユースA、U17がユースB、というようにアルファベットで呼ばれています。

息子は次からユースBになるのですが、この年代で最上位のリーグが、ブンデスリーガとなります。

その下にレギオナルリーガ、オーバーリーガと続きます。

そしてこの下は、ドイツを21地域に分類し、その地域ごとにさらに5つくらいのリーグが存在します。

リーグの名前や数は、地域ごとに変わってきますが、息子が所属するミッテルライン地域には5つのリーグがあります。

以前、息子が単独でドイツにサッカー留学していたときは、寮の近くにあるチームに所属していましたが、そのチームはオーバーリーガと呼ばれるリーグに入っていました。

ドイツ語もままならない、ましては体も小さい息子が試合に出るチャンスもなく、一度だけ友好試合に出させてもらったことがありました。

今のチームは偶然見つけたチームですが、地域のリーグでは中の上くらいに位置しているようで、息子でも試合にでるチャンスがあります。

ドイツでサッカーしながら学業を続ける

地元のギムナジウムに通いながら、ドイツのサッカークラブに所属するという今の形が、私たちには一番良い選択だったと思います。

サッカー留学で、子どもだけドイツでサッカーをするということもできますが、それでは学業はある程度あきらめなければなりません。

高校や大学を卒業してからドイツに来てサッカーをするならば、学業は既に終了していますし、サッカーをメインに考えていけばいいでしょう。

しかし、中学生の息子にとっては学業はまだ必要ですし、親であれば学校にちゃんと通ってほしいと思うのは当たり前です。

息子はドイツでは今8年生です。

これからその先の進路を決めるテストがありますので、それまでは今のようにドイツ語とドイツの環境に慣れながら、サッカーと学業を両立してもらいたい思います。