今日のワールドカップは、フランス対ウルグアイ、ブラジル対ベルギーですね。

日本もドイツもいなくなったワールドカップでも、試合は気になりますから、テレビはつけています。

息子のサッカークラブでの試合

息子のサッカーチームでは、最近リーグ昇格のための試合がありました。

ユースの年代でもリーグがたくさんあり、毎年、年度末(5月~6月)の試合の成績で、上のリーグの下のチームと下のリーグの上のチームの入れ替えがあります。

大人と同じですね!

今回息子のチームは上のリーグへ入れるチャンスがあり、相手のホームグランドへ遠征、そして、相手チームがこちらに来て試合をしました。

相手チームのグランドでは引き分けだったので、ホームグランドで勝てるチャンスがあったのですが、なぜか、試合が平日の夜。

それも夜の8時からで、その日は随分遅くに帰ってきました。

結果は負けだったようで、珍しく感情的になって帰ってきました。

本人曰く、勝てる試合だったのに、点数が入らなかったと。

でも、そういうことはいくらでもあるのです。

ワールドカップでも、押しているチームが必ずしも勝つわけでもありません。

サッカーは1点をとるのが本当に難しいスポーツだと思います。

だから、面白いんですけど。

負けて、感情的になっているということは、息子も今のチームに思い入れがあるということで、親としては嬉しいです。

この試合で今季の練習は終了です。

来週で、子供たちの学校も終わり、もうすぐ夏休みです。