中学生の息子が、春休みに参加したサッカーキャンプは、フェーリエンサッカーキャンプというころで、もちろんサマーキャンプもあります。

ドイツ語メインのサッカーキャンプですが、英語で行われるキャンプもあります。ドイツ人や各国の子供たちが英語を使ってサッカーをすることを目的としています。

ドイツ語だけのサッカーキャンプだと、不安だけど、ドイツ人の子供たちも第2外国語の英語を使って、コミュニケーションを取ってくれるなら、ちょっと安心ですよね。

ドイツで好きなサッカーをして、英語も練習できてしまうのもお得です。

ドイツで英語で行うサッカーキャンプの日程

7/15 ― 7/21

7/22 — 7/28

8/5 — 8/11 or 8/18

8/19 — 8/25

これは、息子が春休みに参加したキャンプと同じなので、最初の日(日曜日)の夕方にチェックインし、最後の日(土曜日)の朝にチェックアウトします。

宿泊付き、3食込みで、スイミングプールなどのアクティビティがついて、450ユーロ/週です。

ケルン駅、またはケルン・ボン空港からのシャトルバス(別料金)もあります。

1回に15人くらいまでしか受け入れていないキャンプなので、すぐにいっぱいになりますので、早めに予約したほうが良さそうです。

ドイツで1年中参加できるサッカーキャンプ

息子が去年参加したキャンプはいつでも参加できます。

1週間単位から数カ月単位まで受け入れてくれるので、日程が決まっていない場合にはいいと思います。

そこでのサッカーキャンプは、各国から参加しているので、みんな英語で話しています。

宿泊付き、3食込みで600ユーロ/週です。

フランクフルト空港、シュツットガルト空港からの送迎(別料金)もあります。

イギリスのサッカーキャンプ

このサマーキャンプはイギリスとスペインにも行きます。

イギリスは8日間~17日間まであります。値段は830~1650ユーロなので、やはり、ドイツのサマーキャンプより高くなっています。

以前、息子が参加したBCSSAは2年前に比べて値上がりしていました。

宿泊ありは1100ポンドで、宿泊なしは300ポンドです。これに希望すれば、英語のレッスン付きも選べます。

英語のレッスンを付けると250ポンド程値上がりします。

ただ、私の経験から言えば、英語のレッスンをつけなくても、十分英語を話せる機会があるので、必要ないのではと思います。

2年前、息子が参加したときは、英語のサッカーキャンプに参加して、本当に良かったと思いました。

好きなサッカーをして、さらに英語も学べてしまうなんて、息子にとってはいい経験でした。

ドイツで英語のサッカーサマーキャンプとイギリスのサッカーサマーキャンプ

ドイツに住んでみて、ドイツでのサッカーもイギリスでのサッカーも、サッカーをすること自体は同じです。

どちらもいい環境だと思います。

違うことといえば、値段と言葉だと思います。

ドイツではやはりドイツ語が飛び交います。

それがいいと思うか、不安だと思うかの違いです。

実際に経験された人から聞いてみれば、その不安は解消されますよね。

春休みを利用してドイツでサッカー短期留学に参加していた中学生の息子が帰ってきました!

2018.03.31

中学生の息子がドイツで春休みを利用してサッカー短期留学に参加しています!

2018.03.27