去年息子が1人で長期サッカー留学していた場所は、バーデン・ヴュルテンベルグ州にある小さい街です。

今住んでいるノルトライン・ヴェストファーレン州からは車で行くと4,5時間かかるので、夏休みを利用して今回戻ってみました。

このサッカーキャンプの近くにはヨーロッパでも有名な温泉地バーデン・バーデンがあり、ドイツの温泉を体験することができます。

また、フランスやスイスなども近く、サッカーキャンプのついでに旅行に行くこともできます。

ドイツのサッカー長期留学

期間:1カ月~3か月(ビザは必要ありません)/3カ月以上(ビザが必要です)

費用:2400ユーロ/月(宿泊・3食・サッカートレーニング・ビザ申請の手配含む)

航空券、旅行保険は各自で準備します。

フランクフルト空港からは車で1時間半、シュツットガルト空港からは車で30分くらいです。空港から送迎が必要な場合は別途料金がかかります。

宿泊施設には、シャワー、洗濯機、キッチンがあります。

部屋は3,4人で1部屋なので、自分のベッドが唯一のプライベート空間になります。

まずはサッカー短期留学から!

最初から長期留学するのは、少し心配だと思いますので、まずは短期留学から試してみることをお勧めします。

短期留学なら、ドイツ語ができなくても英語が少しできれば参加できますし、各国から来ているサッカーが好きな人達と友達になることもできます。

息子が参加していた時は、兄弟で参加している人もおり、その間、両親は近くを旅行していたようです。

ドイツのサッカーキャンプはドイツ語でしか参加できないところもありますが、英語で参加できるキャンプも探せばあります。

そして、イギリスでのサッカーキャンプよりも費用が安くなりますので、ドイツでのサッカー短期留学、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

中学生の息子をサッカー留学させて思ったこと

長期留学をするということは、身の回りのことを常に自分でしなければなりません。

息子は6カ月の留学で、心身ともに成長して帰ってきたと思いました。

しかし、寮での生活は、いろいろな国の人たちと生活を共にするので、習慣や考え方の違いで、戸惑うことや合わないこともあります。

私は、サッカー短期留学、中期留学を息子にさせた経験から、長期留学は親子で一緒にしていきたいという結論にたどり着きました。

親として、いつも子供にとって一番いいと思うことを選択していきたいですね。