ドイツの日照時間が短くなり、暗い時間が長いので気がめいりそうになりますが、なるべく楽しく明るく過ごす努力をしています。

ドイツの今の家は狭いので、クリスマスツリーを置くスペースはありません。

せめて部屋の飾りつけでもと思い、娘と一緒に色紙でサンタクロースやクリスマスツリーなどを作って飾っています。

今週は子ども向けのミュージカルや、子どもの学校のクリスマスコンサートに行ってきました。

ドイツで英語のミュージカル

ドイツにいたらドイツ語でミュージカルを見たいと思いますが、今回はインターナショナルスクール主催の子ども向けのミュージカルに娘を連れていってきました。

演目は不思議の国のアリス。

娘も私も内容をだいたい知っていますから、きっとおもしろいだろうと思って行ってみましたが、思ったとおり楽しめました。

娘にとっては学校でさんざんドイツ語がわからなくて苦しんでいるので、今回の英語でのミュージカルは理解できるということだけで嬉しかったようです。

年末年始には、ドイツ語での不思議の国のアリスやシンデレラなども開催されていますが、今年はクリスマス休暇に合わせて一時帰国するので、残念ながら見に行けません。

次回はドイツ語でのミュージカルにチャレンジしたいと思います。

ドイツの教会でクリスマスコンサート

最近、学校の合唱部に入った娘ですが、3週間目にしていきなりクリスマスコンサートに参加することになりました。

曲目は半分英語、半分ドイツ語でしたので、娘は毎日ユーチューブで歌を聴きながら練習していました、特にドイツ語の歌を。

当日は合唱部、オーケストラ部、高校生と先生方の合唱部、バンド部が次々に歌ったり演奏したり、時には観客も一緒に歌ったりしてとても盛りあがりました。

もちろん私も、歌詞と音符を目で追いながら、初めてのドイツ語の歌を歌ってみました。

ドイツのクリスマスを少し味わえたかなという感じです。

初めは緊張していた娘も、一緒に家に帰るときには、友達と一緒に歌えたことに興奮している様子でした。

これからも、ドイツでしかできないこういう経験を積んでいってほしいと思います。

中学生の息子はサッカーです

娘と夜出かけている間も、息子はサッカーの練習です。

冬の練習はもちろん寒いですが、週3回と試合はクリスマス前まで続きます。

息子は試合に前半または後半にだけ出場したりするので、待っている間はかなり寒そうです。

それでも、チームで一番小さく体も細い息子が試合に出れるということは、寒い中トレーニングをするモチベーションになります。

クリスマス休暇まであと1週間、私も子どもたちも学校とサッカー、頑張ります。